城見櫓

結納について

About the settlement

お二人とご両家の
新しい門出を祝う演出

ご結納・お顔合わせはご両家の末永いお付き合いが始まる大切な儀式。
その特別な日を「城見櫓」では、熊本城を眺望する極上の空間と華やかで美味しい会席料理で、お祝いのお席を演出致します。 ご準備や当日の進行も専門のスタッフが、お二人とご両家の新しい門出を心を込めてお手伝いさせていただきます。
新しいご家族との心通う会話、なごやかに笑顔溢れるひとときをお過ごしください。

ご結納・顔合わせ

ご両家のご縁を結ぶ

今を遡ること1400年、時の仁徳天皇の皇太子が妃様を迎えようとしたときの贈り物(納采)がその起源とされ、この「結納」の儀式をもって正式に結婚の約束が交わされたこととなったとされています。「結納」は現代もなお、数百年もの長い年月をかけ脈々と人びとに受け継がれてきた、大切にしたい日本の伝統文化です。 ご両家の皆様が初めて一堂に顔を合わせこれから始まる良きご縁に感謝し絆を育む、とても大切な時間です。城見櫓では長年の経験から、ご両家の「結納」と、その後に続く「お食事会」まで、お二人のご希望に沿った形でお手伝い・進行をさせていただきます。

結納・顔合わせ

祝い茶「桜茶」

「お茶を濁す」という言葉をイメージさせるため、おめでたい席では煎茶を使いません。城見櫓では皆様に桜茶のご用意をさせていただきます。 「桜茶」は、八重桜の塩漬けにお湯をそそいだもので、器のなかでフワリと開き、いかにも華やかです。八重桜を使うのは、花びらがバラバラになりにくいからだとか。お祝いごとで「散る」ことがないようにという配慮からです。 「桜茶」のほかに、「昆布茶」を使ってもよいとされています。

祝い茶「桜茶」

お部屋のご案内

お部屋

よくあるご質問

FAQ

Q.個室はありますか?また見学できますか?
A.はい、個室はございます。事前に見学いただくことも可能です。
Q.時間制限はありますか?一般的な所要時間はどのくらいでしょうか?
A.一般的に2時間ほどとなりますが、それを目安にお食事・ご歓談にご無理なくお過ごし頂いております。
Q.予約は誰の名前にすればよいですか?
A.ご両家様のご名字とご予約される方のお名前をお教え下さい。当日の細かな点などはご予約者様へご連絡させて頂きます。
Q.進行などのサポートはありますか?
A.はい。スタッフが司会・進行をつとめさせていただきます。また黒子スタッフがアテンドなどサポート致します。
Q.会計はいつ、誰がすれば良いですか?
A.予めご両家様でご相談の上、ご予約時にはどちら様よりどのように承るかご指示を頂いております。

当日の流れ

FLOW OF THE DAY

結 納

1 結納品を飾り付け入場。
男性側は上座、女性側は下座に着席
2 男性側の父親から初めの挨拶
3 男性側から女性側へ結納品を納める
4 女性側が目録をあらため、受書を渡す
5 女性側から男性側へ結納品を納める
6 男性側が目録をあらため、受書を渡す
7 婚約記念品のお披露目
8 男性側の父親から締めの口上
9 記念撮影
10 祝宴

顔合わせ食事会

1 男性側の父親から初めの挨拶
2 両家の家族紹介
3 婚約記念品のお披露目・交換
4 記念撮影
5 会食・歓談
6 男性側の父親から締めの口上
7 二人からお礼の挨拶

※流れは一例でございます。
※手順に不安のある方は、30分以上お早めにご来店いただければご説明することも可能です。

お料理

CUISINE

旅行代理店様へ
県外、海外のお客様へご満足いただける、最高のロケーション・料理プランをご案内